新着・ニュース PR TIMES Lab.に参加する 取材依頼
THE BRIDGE

Lab.

A750d429 33e3 4a59 9ddc 8979c31320cb
Pegara, Inc. プロダクト

米国AMD社GPUベースの深層学習クラウド事業を開始

2018.02.01

7cea1066 9e1b 4d63 b0ab 01bd34e2f429

米国AMD社GPUベースの深層学習クラウド事業を開始

 米国スタートアップ Pegara, Inc. (読み:ペガラインク、本社:米国デラウェア州、共同創業者兼CEO:市原 俊亮)は、人工知能時代のクラウド GPU EATER(TM)(ジーピーユー・イーター)を発表し、2018年2月1日(日本時間)より第一弾となる米国AMD社製GPUベースの深層学習クラウドの先行予約販売を開始いたします。また、受付開始を記念して通常は有償となるチュートリアルセミナーへ先着30名様を無償招待するキャンペーンを行います。

 現在、深層学習研究の多くは、米国NVIDIA社(以降、NVIDIA)の製品であるGPU(Graphic Processing Unit)と同社提供のライブラリー類を用いて行われておりますが、2017年末の同社コンシューマー製品のGraphic driver向けEULA(End User License Agreement)変更(※1)により、国内外の大学・企業の研究者、開発者らからは一部研究の打ち切りや実用化の遅延などを強く懸念する声が上がっております。

 深層学習研究で多く利用される学習モデルの性能比較においてNVIDIA社製のエンタープライズ向けGPUとコンシューマー向けGPU間の差がほとんど見られなかったことから、多くの研究者・開発者はこれまでコンシューマー向け製品を利用しておりました。しかし、今後は用途により価格差10倍以上となるエンタープライズ向け製品を購入するか同製品が搭載されたクラウド環境を利用することになります。

 既に一部の研究者・開発者は脱NVIDIAを模索しておりますが、GPU市場で第二位のシェアを持つ米国AMD社(以降、AMD)製品を用いた深層学習の技術研究は、同社製コンシューマー向けGPUの調達環境が良いとは言えず(※2)、同時に同製品を用いた深層学習に関する情報の不足により、主要ライブラリー群がオープンソースと恵まれた環境にあるにも関わらず検証が活発化しているとは言えない状況が続いています。

 このような状況のもと当社は、AMD社製品を用いた深層学習研究・開発の促進は、深層学習が健全に発展していくためには必要不可欠と考え、AMD社製GPUを利用した深層学習の動作検証(※3)、同社製コンシューマー向けGPUの調達、超軽量の独自クラウドマネジメントシステム構築を進め、GPU EATERのリリースを準備して参りました。そして、本日リリースの目処がたちましたことから発表に至りました。

 料金は初期費用なしの1時間あたり$0.3410 USDからとなります。GPUは、AMD製のRadeon(TM) Vega Frontier Edition、Radeon RX Vega 56、Radeon RX580の3種類から選択可能、利用可能OSはUbuntu 16.04, 14.04, CentOS 6, 7 の4種類、すべての記憶装置はSSDを採用しています。

 今回、PegaraではGPU EATERの開始を記念し、AlexNet, VGG, GooglLeNetらのサンプルモデルをAMD社製GPU向けのTensorFlowを用いて実際に動かすところまでをご説明するチュートリアルセミナーへ先着30名様に限り無償招待するキャンペーンを行います。なお、定員に達し次第、告知なく締め切らさせていただきますので、ご希望される場合にはなるべくお早めにお申し込みください。

 先行予約販売のお申し込み、お問い合わせは、日本国内における販売およびサポートを行うペガラジャパン合同会社までお問い合わせください。

販売・サポートに関するお問い合わせ: [email protected]
広報・取材に関するお問い合わせ: [email protected]
投資・その他のお問い合わせ: [email protected]

 今後、Pegaraでは、深層学習の推論用向けサービスや、CPU・GPU・FPGA・ASICなど種類の異なる演算装置を組み合わせて構築したコンピューティングリソースのクラウド提供を予定しております。

■Pegara, Inc. について
会社名  : Pegara, Inc.
所在地  : 4000 Barranca parkway, suite 250, Irvine, CA 92604 U.S.
共同創業者: CEO 市原 俊亮、CTO 中塚 晶仁
設立   : 2015年9月21日
URL    : http://www.pegara.com/
事業内容 : 深層学習の研究開発、クラウドホスティングエンジンの開発

■ペガラジャパン合同会社について
会社名 : ペガラジャパン合同会社
所在地 : 千葉県浦安市海楽2-32-11
代表社員: 市原 俊亮
設立  : 2017年12月1日
URL   : http://jp.pegara.com/
事業内容: 日本国内におけるPegara, Inc.社製品の販売、サポート、セミナー、コンサルテーション

※1 詳しくは、2017年12月19日 Wireless Wire News掲載の「NVIDIAが規約変更によりGeForceのデータセンター利用を制限。大学などの研究活動にも大ブレーキ」( https://wirelesswire.jp/2017/12/62658/ )を参照ください。
※2 AMD社製最新コンシューマー向けGPUであるRADEON VEGAは、仮想通貨マイニングの需要に対して供給が追いついておらず、発売以来入手困難な状態が続いております。
※3 AlexNet、VGG、GoogLeNet、Inception v3、CNN/DCNN、RNN、LSTM、MLP, GAN, DCGAN, RCNN他、多数の動作検証を実施しました。いずれも動作させるためには注意点がございます。詳しい内容につきましてはチュートリアルセミナーにてお話しさせていただく予定としております。

A750d429 33e3 4a59 9ddc 8979c31320cb

Pegara, Inc.

人工知能時代のクラウド”GPU EATER”を開発・運営